何もできない主人がお粥をつくってくれた時

めちゃくちゃ亭主関白ってわけじゃないんですけど、私の主人は料理も洗濯もやったことがない人で、お皿一枚だって洗ったことがないほどです。

新婚の頃、私がインフルエンザにかかってしまい起き上がれなかったとき、何もできない主人がお粥を作ってくれたことがありました。
インフルエンザでダウンしていたけど、とても嬉しくって感激して、食欲がなかったのに完食した記憶があります。

普段無骨な主人が寝込んでいる私のために一生懸命作ってくれたその優しさに涙がでてきました。
こういうときってその人の本質がでますよね。
主人と結婚して良かったと惚れ直した瞬間でもありました。

それからというもの、お粥は主人が唯一作れる自慢料理です(笑)
主人には言ってないんですが、ものすごーく台所散らかっちゃうので、自分で作った方が結局楽なんですけどね・・・。

»