花火を見上げながら

女子社員はみな浴衣着用で~ということで、会社の催しで花火大会に行きました。
設けられていた一番後ろの席に座った私と1つ上の先輩。

夜空を見上げながら何十発も次々と打ち上げられる花火を見上げていると、「ものすごくきれいだね」と横に座った1つ上の先輩が花火の音に消されてしまいそうな声で言いました。
しばらくするとみんなに見えないように手をギュッと握ってきました。

思わずドキッ!実はちょこっと先輩のこと気になってた私です。
いつもは着ない浴衣姿のポイントが高かったのかな?
花火の帰り道会社のみんなとははぐれちゃったけど、先輩とはずっと手をつないでいたので迷子になりませんでした。

先輩は片時も手を離さずに何度も私の顔を覗きこんで笑っていました。
家の近くまで送ってもらってサヨナラする時、ギュッと抱きしめられて、耳元で好きだよって言いながら耳たぶにキスされました。

こんなドラマティックな夏の夜、恋に落ちないわけないですよね・・・。

«