忘れられない人

私には忘れられない人が一人います。
それは、ずっと片思いで告白することもできないくらい拒否されるのも嫌で、今の友達と言うポジションが自分にとっては精いっぱいと思っていました。
今、歳をとって思えば、あの時告白して振られてみるのも勉強だったな…と思います。

きっと、振られても好きで居続けていたと思います。
こんな風に自己消化で終わる恋にも発展しない片思い。
でも、実際に付き合ってみて「この人が良かった…」と別れても思い続ける方が切ないかもしれません。
一回実ってしまった恋だから余計に、ですよね。
あいにく、私には付き合ってみて忘れられない人は一人もいません。
そう考えると、自然消滅やもちろん相手から振られたこともありましたが、そういう時には私自身もそれほど好きではなかったという悲しい関係だったのかもしれません。
それでもやはり又恋をしたいと思ってしまうのは私ではなくみなさんもそうだと思います。
きっと、素敵な恋をすればするほど、忘れられない人がたくさんになってしまうかもしれませんね。
私は当時付き合っていた人を「その頃の音楽を聞いたときやドラマを見たとき、映画を観たとき」に鮮明に思い出してしまいます。
やはり、それは相手を思って見たり、聞いたりしていたからです。
そう思うと、なかなかロマンチストな人間なのかな、と自分のことを思ってみたりもしますが、その考えは一般的なのかわかりません。
もう一度忘れられない恋をしたいと思いますが、忘れなければならない時がしんどすぎて、きっと30過ぎた私にはもうそんな情熱的な恋はできないように思います。

«
»