自分はセカンド

私の部屋に彼が居座るような形で同棲生活が始まって、1年半くらいした年末に、突然彼にフラれました。
直前まで今年のクリスマスはどうしようと計画していたくらいなのに、本当に突然のことに信じられませんでした。

問い詰めると、一緒にいると楽だけどもう好きじゃない、それは私にとって失礼だからここを出ると言われました。
私は彼の事が普通に好きだったので、なんとか解決しようと引き止めたりしたのですが、彼の決心は固くて、自分の荷物をまとめると本当に部屋から出て行ってしまいました。

携帯にかけても着信拒否されて連絡もつきません。
それまで毎日普通に一緒に暮らしていたのに急にこんなことになって、ショックで食欲もなくなり、何もやる気になれませんでした。

ずっと続くと思っていた確かなものが、こんなに簡単になくなるなんて信じられませんでした。
ぽっかりと心に空洞ができたような感じで、ふわふわと足が地につかず、何でもない時に涙が出ました。

自分の何がいけなかったのだろう、どうやったら彼が戻ってきてくれるのだろうとその事ばかり考えていました。
そんな時、偶然飲み屋で彼の友達に会いました。

普通だったら話しかけたりしないのですが、その時は酔っぱらっていて、ほとんど絡み酒状態で友達に彼のことを聞いた所、予想外の答えが返ってきました。
なんと彼には地元に高校から付き合っている彼女がいて、つい最近その彼女が引っ越して来たそうです。それで慌てて私と別れたわけです。

二股も許せませんでしたが、知らなかったとは言え自分の方が後出しで、セカンドだった事がとてもショックでした。
そんな男だから忘れた方がいいと言われるまでもなく、ザーと熱が冷めました。

«