あの頃が良かったと思う理由

彼女は私に言いました。
「不倫してた頃が一番よかった」
彼女より先に結婚していた私はその言葉を聞いて今まで押し殺していた気持ちが溢れてしまいました。

「それは、貴方が無責任な恋愛をしていたからだよ。そんなの誰だって楽で楽しいに決まってる。本当の辛い所は全部奥さんが味わっていたんだから。やっぱりもっと責任を持ちながら付き合ってたら何か違う結果になっていたかもよ?だって、付き合ってるときは…ふたりだけの時はうまくいってたんだから」

彼女は驚いたような目で私を見つめていました。

恋愛はそりゃ相手を手に入れるための人間の闘いの状況をたくさん作るものかもしれません。
ですから不倫を話も聞かずに否定することはないですが、それでも…誰かを裏切ったり騙したりしなくてもできるのが本当の恋愛だと思います。

理由はどうあれ、不倫というのは不貞であり、社会的にも道義的にも許されない事です。
バレなければ良いという思考が、そもそも人間として信頼や信用を失うことを、当の本人たちはまるでわかっていないのですから。

結婚生活や家族が破綻する第一歩は、不倫によるものなのです。
百害あって一利なしとは言い切れない部分もありますが、余所で平気な顔して、楽しんでいるというところに怒りを感じるのが、人間として当たり前ではないでしょうか。

ちょっと熱く語ってしまいました。

»