恋愛は焦って見栄を張っても仕方がない

高校生にもなって彼氏がいないなんて恥ずかしいと思った私はみんなの前で嘯いて大学生の彼氏がいると話していました。
本当はいない、キスもしたことないんです。

でもいつも何でも先にいってるいい女を演じていた私はクラスで付き合っている二人を見たときに、負けたらいけないと思ったんです。
夏がすぎたらもっとみんな恋人を作って経験をつんでいくと思うと、私一人取り残されたような惨めな気持ちになったんです。

だから嘘をついてみたら友達が凄い食いついてきて冗談だよと言えなくなってしまったんです。

これじゃあバレた時に嘘つき扱いされると思った私は大学生がいるバイトを始めました。
そこで男漁りです。
誰でもいい、そこそこイケメンで友達に見せたら「いいじゃん!」って言ってもらえる奴なら誰だっていい、と思って片っ端から誘惑してみました。

するとある日本当に一人の大学生が捕まりました。
すごくかっこいい人でした。
私は嬉しくて嬉しくて皆に紹介したい!と彼にせがみました。

「ヤらせてくれたらいいよ、そうでないと本当の恋人にはみえないよ、嘘なんてすぐにバレるからね」と言われ、私は心臓が跳ね上がりそうでしたがその出会って間もない大学生とホテルへ行きました。

初めては痛くて大声を上げてしまい気絶してしまいました。
そんなに好きでもない人と初めてをしてしまったことが後になるほど自分の気持ちを重くしました。
でもこれで、皆に紹介して本当のことだと言える、と思うと私はほっとしました。

しかし、翌日、彼はバイトを辞めていました。
メールも返信がないし電話も拒否されてました。

どんなに泣いたか分かりません。
どれほどの時間そこで泣き崩れていたのか覚えていません。
心の中がすごく虚しくてポッカリ穴があいたようでした。
あの日の思いは社会人になった今でも癒えずに残っています。

花火を見上げながら

女子社員はみな浴衣着用で~ということで、会社の催しで花火大会に行きました。
設けられていた一番後ろの席に座った私と1つ上の先輩。

夜空を見上げながら何十発も次々と打ち上げられる花火を見上げていると、「ものすごくきれいだね」と横に座った1つ上の先輩が花火の音に消されてしまいそうな声で言いました。
しばらくするとみんなに見えないように手をギュッと握ってきました。

思わずドキッ!実はちょこっと先輩のこと気になってた私です。
いつもは着ない浴衣姿のポイントが高かったのかな?
花火の帰り道会社のみんなとははぐれちゃったけど、先輩とはずっと手をつないでいたので迷子になりませんでした。

先輩は片時も手を離さずに何度も私の顔を覗きこんで笑っていました。
家の近くまで送ってもらってサヨナラする時、ギュッと抱きしめられて、耳元で好きだよって言いながら耳たぶにキスされました。

こんなドラマティックな夏の夜、恋に落ちないわけないですよね・・・。
アダルト無修正動画
アダルト無修正動画
無修正動画コンテンツが無料視聴だけで楽しむボリュームあり。
dougahakkutsu.com/

«