運命の出会い

彼ははっきり言って「ビッグマウス(大きな口)」だ。
ウォーキングホリデーで留学中に、友達に誘われて参加したホームパーティーで出会ったのが最初だった。

ねこっ毛の金髪に、茶色の瞳をしたオーストラリア人で、彼はホストに近い立場だったのだけど、変に無愛想で最初はかなり戸惑った。
慣れない英語で話しかけても、ジェスチャーで返事をしてきた。

2回目に会ったのがその翌週にあったスクールの親睦会。
彼は現地スタッフの友達として参加していた。
最初は変な被りものをしていて、誰だか分からなかったのだけど、顔を見て驚くと、嬉しそうににやりと笑った。

3回目に会ったのはその翌日。
その日偶然、初めて入ったカフェで彼は働いていた。
カウンターにいた彼は私の顔を見ると、ゴーストでも見たように驚いてグラスを割った。

後から席までやって来て、彼は大真面目な顔をしてこう言った。
「こんな短期間に繰り返し合うなんて、これはもう運命だね。結婚しよう!」
たちの悪い冗談だと思ったし、留学生を狙った詐欺だろうと思った。
オーバーに言えば身の危険を感じた。

その時アドレスは貰ったけれど、もちろん連絡はしなかった。
けれど彼は友達経由で連絡をしてきては、釣りやサーフィンに誘ってくれた。
そして友達と一緒に遊ぶ度に、私を運命の人扱いをした。

彼の友達はコイツがこんなに積極的なのは初めてだとからかった。
そのリップサービスに乗った感じで、私は彼と付き合い始めた。

留学を終えて私が帰国する際、彼はまたそのビックマウスで大事を言い出し、すぐに日本に追いかけると言った。
本当にどこまで本気の運命なのか、苦笑とともに、今私は彼を待っています。

ディスるブログ
女性が安心して楽しめる『ラブグッズ』
オトコ主導のアダルトグッズとは色も形も大違い。素直に感じたい、自分の体を磨きたい、オンナのほんもののケアグッズ
www.wendyholcomb.net/tag/goods/

«