雰囲気から察する友

「最近、仲悪いの?」と彼の親友に聞かれました。
そういうわけではないのだけれど、告白されたよね、と話をしたら彼は不機嫌な顔をしてそれからあまり今までのように頻繁な連絡やデートに行くことがなくなってしまっただけなの、と話しました。

親友の彼はめずらしく怒っていました。
はっきり勘違いだよ、といえば済むことなのに、と。
ヤキモチ妬かれて嬉しいとでも言ってくれば仲もすんなり戻るだろうに、とため息をつくのです。

私は「確かにそうね」と自然と笑みがこぼれました。私の為に親友を叱ってくれる彼がとてもあたたかくみえました。

「俺なら泣かせないのに。どうして彼なの?」

突然そう言われた時は頭の中が真っ白になりました。
俺じゃダメ?そんな定番の言葉を自分が言われることになるなんて。
そして、その言葉を待っていた自分がいるなんて。私は心臓が高鳴りました。

相談をしていくうちに私の心はいつしか彼から、親友の彼へと動いていました。
彼に会うために話をするために、聞いてもらうために。彼との時間を持ちたいが為に、私はいつしか彼が告白された話をネタに親友の彼と話せることを楽しんでいたのです。

その後、彼とは別れ、親友の彼と付き合うことになりました。
同棲した今では彼とは二人とも絶交状態で会ってもいません。
姿を見つけてもお互いに避けあうようになりました。

それでも、私は今の彼と一緒に暮らせて幸せと思います。
人生では何がどう転んで誰と付き合うことになるか想像もつかないほどの縁があるのではないかと思います。

特選無修正動画
無修正動画と裏DVDのサンプル動画サイトを集めたアダルト動画サイトリンク集。常に最新版を掲載中。
dougahakkutsu.com/

«
»